• かやはら あやこ

第三回CoderDojoKitakyushuをCOMPASS小倉で開催しました

最終更新: 2019年2月16日



こんにちは、WORK DESIGNERS(ワークデザイナーズ)のかやはらです。


本日は、先月開催したCoderDojoKitakyushuのご紹介です。



CoderDojoKitakyushuの第3回目はCOMPASS 小倉で開催。

入り口には可愛らしいクリスマスツリーが飾られていました。



左はCoderDojoKitakyushu代表・WORK DESIGENRS高橋

-CoderDojoKitakyushuってどんなことしてるの?


「道場」ってプログラミング教室なの?とまだ行ったことがないという方からはよくお尋ねされますが、例えば学習塾のような授業スタイルではなく、基本的に、参加する子供たちそれぞれが自分でしたいことを見つけて、自分で作業します。


分からないことは、メンターと呼ばれるプログラミングができる大人たちに質問できるので、全くの初心者ひとりきりという訳ではありません。


初めてだった子は最初の設定から説明を受けることもできます。


-使用言語はScratch (スクラッチ)、どんなプログラミング言語?

初心者が最初に正しい構文の書き方を覚えること無く結果を得られる、遊び心のある実験やインタラクティブアニメーション、ゲームなどの製作を通してさらなる学習のやる気を起こさせることを意図している。 https://ja.wikipedia.org/wiki/Scratch_(%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E8%A8%80%E8%AA%9E)

英語や数字の羅列をすることなく、ブロックを組み合わせるかのように直感的に操作ができるので、私の子供も小学2年生ですが、楽しそうに扱っています。


-どんな様子?

いつもこのようにリラックスした雰囲気で


親子で進めたり

メンターからマンツーマンで教わったり

ひとりでモクモクとプログラミングをする子も。


各自勉強したあとは、この日行った活動の発表があります。


子供たちがひとりずつ発表していきます。


真剣に発表を聞く子供たち。

発表後には発表者に拍手!


私は今回写真撮影者として参加しましたが、前回、前々回とも参加していて、プログラミングの勉強としてはだいたいこんな流れになります。


いつもと違ったのは、福岡からゲストが来ていたこと。


ゲストのうちお一人はKids Code Club代表の石川麻衣子さん。


Kids Code Club Kids Code Club(キッズコードクラブ)は、ワクワクするようなテクノロジー体験を通じて、子どもたちが自分の未来を自分の力で選択したり、この世界をより良くしていくための力を身につけられるような場をつくることをミッションとして、STEAM教育に関する情報発信や、ワークショップの運営を行っています。 http://kidscodeclub.jp/

子供たちの話を楽しそうに聞いて回ってらっしゃったのがとても印象に残っています。


そしてもう一人のゲストは福岡のCoderDojoの代表の方。


第3回目はこうやってゲストも加わり、一層賑やかな回となりました。


ご参加いただいたみなさま、子供たち、そしてCOMPASSのみなさま、ありがとうございました!


COMPASSの黒瀬さん。お世話になりました!


次はいつ?と私の子供も次回を楽しみにしているCoderDojoKitakyushu。


少しでも気になった方は、ぜひFacebookページをフォローして次回の開催をお待ちいただけたら。




CoderDojoKitakyushu Facebookページ

https://www.facebook.com/coderdojokitakyushu/






ラストに石川さんと撮影^^

嬉しそうな左が私、かやはらです。




69回の閲覧

© 2018 WORK DESIGNERS.

  • RSS  - ブラックサークル
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle